top of page

【納品事例】海彩テラス熱海別邸

この度、過去に理念づくりをさせていただいたお客様からのご縁で、一棟貸しの宿泊施設「海彩テラス熱海別邸」の全館に、作品を設置いたしました。


海彩別邸は、40畳のリビングにプールやサウナ。源泉掛け流しの温泉やテラスを贅沢に有する施設。刻一刻と変化していく、太陽や月の天体ショーという大きな自然に触れる中で、「細胞から元気になってほしい」というオーナーさんの想いが随所に込められています。



今回は、人を想う気持ちにあふれるオーナーさんの願いが叶うことを意識して、作品を制作/選定・設置いたしました。この記事では、各所に配置した作品について、設置理由と合わせてご紹介させていただきます。




【 玄関 】


作品制作の前に、オーナーの松本さんにインタビューをさせていただき、また実際に宿泊もさせていただきました。そこで得た松本さんの願いやお人柄を絵にしました。いらした方の幸せと健康を心から願う松本さんの想いで、みなさんをお迎えする作品です。




できあがった作品は、はからずもハワイなどでよく見られる「プルメリア」のようなモチーフに落ち着きました。プルメリアの花言葉を調べると「大切な人の幸せを願う」という言葉が。オーナーの松本さんの想いそのままのモチーフに、やさしいシンクロを感じた作品です。


作品の下の空間には、オーナーの松本さんからみなさんへのメッセージを掲示予定です。





【 和室 】


和室は、みなさんが食事をしたり、就寝したりする場所です。景色も海に開けており、こちらもまた眺望を楽しませてくれます。



日本人が美しさを感じるものとして「花鳥風月」が挙げられますが、この場所では鳥も、風も、月も美しい姿を見せてくれます。そこに花を添えたく、今回は漢字の「花」をモチーフとした作品を飾ることにいたしました。




上の作品のタイトルは「花曇り/hanagumori」日本では桜の時期に曇天になることを「花曇り」と呼んで愛でました。日本精神の「粋」な部分が現れる表現だと思います。海彩テラスは月が名物のお宿でもありますが、曇天でもどうか気を落とされませんように...この絵は全て漢字の「花」を組み合わせて描いています。





床の間の下に飾ってある作品は「そよぎ花」こちらもまた、漢字の「花」だけを組み合わせています。上に掲げてある作品の月が、水面に映るような...そんな情景を意識して配置いたしました。



残りの2つの作品も、「花」のシリーズより。暖色メインの作品を選定し、部屋に入ったときや退出するときに、気持ちが華やかになる効果を見込んでいます。




【 トイレ / 浴室 】



こちら施設には、源泉掛け流しの温泉も完備されています。お風呂から上がった際に、ふっっと気持ちが和んで自然を感じられるように。そんな願いを込めて「精霊の気配」という作品を設置いたしました。八ヶ岳の清里に長期間滞在した際に、その土地にいるであろう見えない存在を感じながら描いた作品です。小作品ゆえに、空間を邪魔せず、だけど確かに風を感じさせてくれます。




【 寝室(洋室)】


寝室では、深い眠りにつけるように。そして、朝目覚めて一番に見る景色で心の開放を味わえるように。そんなことを意識して作品を設置いたしました。



この作品は、私の友人が制作した作品です。2023年を振り返って描いたものだそうですが、深淵な眠りに誘ってくれる気がして選定しています。




その真向かいの壁に設置したのが「開放浮遊感」というタイトルの作品です。この作品は「もし仮に、物理的にも心理的にもプレッシャー(圧力)がなかったとしたら?」という問いを元に制作したもの。お宿の温泉やサウナ、天体ショーで緩んだ身体の感覚が、目覚めてもまた続きますように。




こちらも、目が覚めて朝一番に目に入る場所に設置した作品です。タイトルは「newtopia」であり、new ( 新しい )とutopia ( 桃源郷 )を組み合わせた造語。「本当の願い」に至ることを意図してつくった作品です。不要な常識から開放され、自身の願いに気づくきっかけとなりますように。「開放浮遊感」同様、海彩テラスで得た余韻がいつまでも続くことを願っています。




【 階段 】


階段は、3階のお部屋へとつながっています。普段は立ち入ることのできないこのお部屋は、2泊3日のウェルネスプログラムに参加する方向けに開かれています。そのお部屋へと至るとき、またそこから帰っていく瞬間を、月の満ち欠けで表現いたしました。

階段を上がりきったときに表れるのは、何やら丸いモチーフ。卵が割れたようにも見え、ここでの体験を経て、何かが変わっていくことを暗示するような...

金箔や銀箔を用いた作品にすることで、神秘的な雰囲気になることを意識しています。




以上が、今回設置した作品の説明です。今後は追って3階のお部屋にも作品を設置予定です(現在、鋭意制作中)




【 参考:before after 】


ここから先は、作品設置前と設置後のビフォーアフターを掲載します。

作品が飾られることで空間にどんな変化が生まれるのか、ご参考ください。



@玄関




@和室




@トイレ




@洋室(寝室)




@階段




最初は「アートはよく分からなくって...」とおっしゃっていたオーナーさんでしたが、今回設置させていただいたことで「どうしてこんなにマッチするものを選べるんですか?」「空間が全然違う!!」と驚いたり喜んでいただくことができました。


無数にある作品の中から、空間に合うものを選定したり制作することは、確かに容易なことではないように思います。


思い入れのある空間、絵を飾りたいけどしっくりくるものが見当たらない。そんな方は是非ご相談いただけましたら幸いです。70社の経営理念をつくってきた想いのヒアリングスキルと、その想いを具現化するビジュアルスキルで、幸福な格上げ空間を演出させていただきます。


最新記事

すべて表示
bottom of page