初個展を開催しました

画家を志して4ヶ月で、自身初となる個展を開催いたしました。

場所は、東京の紀尾井町にある文春ギャラリー。

2020年7月10〜12日の3日間開催し、150名を超える方にお越しいただきました。


▼実際の展示の様子


▼会場の様子を動画でも(10秒ほどの動画です)


▼個展にいらしたみなさんと


▼素敵なお花をくれた親友と




今回、「価格自由」をコンセプトに「値札のない=お客様が自分で値段を決める」展覧会を実施。初めての個展で、初めての試み。

次への課題は残ったものの、53点出展した作品のうち、半数を超える33点がお嫁にいきました。初めての個展としては、大成功だったのではないかと思います。



▼こちらが個展のメインビジュアル




▼価格自由な個展を開催しようと思った動機


絵の値段って一体いくらでつけるの?市場を機能させる値付けシステムの考案

https://note.com/partner_ship/n/n52124417cb33



今回の個展は、ぜひ「足を運んでよかった!」と思える個展にしたくて、いろいろな仕掛けを用意していました。


気がつけば仕掛けが盛り沢山になっていたので、こんなパンフレットをつくったり💡



・来場者全員プレゼントで手描きのしおりをお渡ししたり

・絵のランキング企画をやったり

・抽選で1名様に「あなたのために絵を描きます」というプレゼント企画を実施したり


と、いろいろと考えて実施しました。


▼実際の様子



中でも好評だったのは、「絵を見た感想を自由に付箋に書いて、絵の近くに貼る」企画でした。




みなさん、本当に書いてくれるかなぁ?という一抹の不安もありましたが、そんな不安をよそに、最終的に200枚近くの付箋が。

人気作品には、こんな風にたくさんの付箋が集まっていましたよ。








私としては、提供する側とそれを見る側。という固定された関係性があまり好きではありません。

せっかく足を運んで、その空間に来てくださるのですから、できる限り双方向で、ご自身が得るものが大きい場所にしたいと考えています。

そんな中でこの付箋企画は、


・自分の好みや感覚を知る機会になった

・他の人の絵の見方が非常に参考になった

・絵を何倍も楽しめた


ということで、非常に好評をいただくことができました。


その場に一緒にいなくても、一枚の絵を一緒に鑑賞できる。

そんな体験を、これからの個展でもつくっていきたいと考えています。




次回と次次回の個展開催決定!


そんな思いもあり、早速次回と次次回の個展開催を決定し